【実践】3つのマイナー「ダイアトニックコード」を使いこなすには?

脱パワーコード

前回はナチュラル・ハーモニック・メロディックって3つマイナースケールから、「ダイアトニックコード」を作ったり、弾いてみたり、コード群の序列を覚えたりする練習をしました。


要約すると...

超重要。1日1回紙に書いて覚えましょう。私はレシートの裏に書いて覚えました。

この3つの「ダイアトニックコード」の出来た理由や、覚え方を解説したんですが今回は、


これを実践でどう使うの?


どんな使われ方をしているの?って事を解説します。

【選抜】マイナーダイアトニックコードの代表を決めてみる。

3つのラインで出来た総勢21のコード群。

ここからマイナー調のコードの代表を選んでみる。


これを混ぜて使いこなす訳ですが...

いちごメタル
いちごメタル

こんなの全部覚えられなし、どう使ってイイかよくわかんない!


って方のために、この21個から代表的なコードを選抜して、使いやすくしてみましょう。


まず、ナチュラル・ハーモニック・メロディックの3つのスケールを「ガチャン!」と、統合します。


で、この統合した背番号から代表コードを選んでみます。



いちごメタル
いちごメタル

あくまでも、一般的に使われるであろう、「ベタ」なコードを選んでみました。


まずは、Ⅰ。


これはm7かmM7って選択ですが、ここはm7で決まりでしょう。Ⅰでドッシリさせたいなら、7をとってトライアドのⅠmってしちゃうのがベターか。


Ⅱ。

明るめのⅡ-Ⅴを作りたいならm7でもイイ感じですが、マイナーなのでここはⅡm7(♭5)が有力っス


♭Ⅲ。

これは(#5)だと響きがキツイので、ⅢM7がベターでしょう。


Ⅳ。

ここはⅣm7が有力ですが、Ⅳ7もマイナーの中にブッこむと中々爽やかでイイっス。ブルースのⅣ7って解釈も出来たりしますが、とりあえずm7で。


Ⅴ。

ここはトライトーンをもつⅤ7で文句無し。


♭Ⅵ。

ここは♭ⅥM7のⅠの一択になります。


Ⅵ。

これも一択。Ⅵm7(♭5)で。


♭Ⅶ。

これも一択。♭Ⅶ7。


Ⅶ。

dim7かm7(♭5)ですが、せっかくなのでレアキャラのdim7を使いたいっス。


注。もっとシンプルな響きにしたいなら、Ⅰm7・♭ⅢM7・Ⅳm7・♭ⅥM7の所をⅠm・♭Ⅲ・Ⅳm・♭Ⅵってトライアドコードに書き換えるのも有アリ。

で、結果このようなメンバーになりました。


これで、だいぶスッキリ使いやすくなったんじゃないでしょうか?



いちごメタル
いちごメタル

21個覚えるのが、しんどい方はまずお試しで、この9個を覚えてオリジナルのコード進行を作って遊んでみるとイイっス。

適当に繋いでも破綻しないので、まずはココから。

「ダイアトニックコード」をギターで弾く運指トレーニング。


紙に書いて、「ダイアトニックコード」の並びを覚えるのも大事ですが、実際にギターで弾いてコードの響きや押え方を覚えるのも大事っス。


そこで、5弦ルート・6弦ルートの使いやすい押え方のコードを複数用意した「エクササイズ」を考えてみました。


いちごメタル
いちごメタル

キーCmで作りましたが、フレットを移動すれば、どのキーでも対応出来ます。

キーCmを完全にものにしたら、次はAm・Em・Dm~ってキーを変えて飽きないように練習メニューを更新していきましょう。

EX-1。上昇。
EX-2。下降。

下降すれば、綺麗な「ラインクリシェ」になるので、これだけでも、いい曲が一杯作れそう。



いちごメタル
いちごメタル

ウォーミングアップの運指練習にも最適で、毎日5分。コードネームと押え方・響き・運指練習って3つの効能がございますので、練習の「おかず」に活用してみてください。



この9個だけでも、かなりバラエティーで豊かなコード群になりますし、町に溢れるマイナー調の曲コード進行の骨格になっていますので、マイナー調の曲のコードを採譜したりコピーする際は、このコード群を手掛かりにると、探りやすくなります。


毎日弾いてれば、コードの響きを自然に覚えられます。


ある時、何気なく聴いた曲のコードが「何のコードか分かった!」って所までくればいい感じっス。

ライン・クリシェから学ぶ。21のダイアトニックコードの使い方。

マイナー調の曲で、よく出てきて数多の名曲を生み出したコード進行に「ライン・クリシェ」があります。

半音ずつ下降するパターンのコード進行が有名ですが...

いちごメタル
いちごメタル

半音ずつ下がるコード進行のサウンドはわかるんだけど、使われているコードの出どころが良くわかんない。

ただ半音ずつ下がればイイって物でもなさそうだし...


「ラインクリシェ」のコード進行も21のダイアトニックコードに当てはめれば、出どころがわかりやすくなります。


先程の【選抜】ダイアトニックコードを下降するすれば、G7まで半音ずつ下降する事ができますね。


では、どのような軌跡で進行しているか、1つ1つ見てみましょう。

G7から半音ずつ下がれないので、打ち止め。


丁度Ⅴ7のドミナントコードなので、そのままⅠのCm7に解決してもイイっすね。

コードの内側の「ラインクリシェ」を導いてみる。

選抜コードを下降するラインクリシェの他にも、コード内の音を下降するタイプのマイナー系ラインクリシェもよく出てくる定番コード進行。


この「ラインクリシェ」も3つ「ダイアトニックコード」から導く事が出来ます。


ターゲットはCmのルート音のオクターブ上のこの音。


これを半音ずつ下がっていくってクリシェ。

一見すると「ダイアトニックコード」以外から導いた感じですが、ちゃんと「ダイアトニックコード」の中から導く事が出来ます。

スタートはⅠm。セブンスを省略したCm。3本共通で持っていますので、どっからでもスタートできます。


次に3弦4fに下がったコードⅠmM7。ハーモニックのトニックCmM7が来ます。


さらに3弦3fに下がると、ちょうどよくナチュラルのトニックⅠm7。Cm7にいきます。


3弦2fに当てはまるヤツはF7メロディックマイナーのⅣ7ですね。これを当てます。

大体ここで、一旦打ち止めにする事が多いですが、さらに3弦1fに下がってFm7に行くのもイイ感じ。


もう一声!E♭M7。E♭M7(#5)って手も有りますが、やはり(#5)無しのほうがイイ響き。ここまでマイナーのダイアトニックコード内で半音進行できます。マイナーダイアトニック内にG♭が無いので、ここまで。


最後はDm7(♭⁵)-G7-Cm。ツー・ファイブ・ワン。で、解決してみました。


さっきの表で軌跡をたどるとこんな感じ。

注。「ラインクリシェ」色々なやり方で、作ることが出来ます。あくまで一つの例。
いちごメタル
いちごメタル

この様に一見するとダイアトニックコードの外から持ってきたような、ラインクリシェですが、ちゃんとダイアトニックコード内に収まっているんですねー。


マイナーダイアトニックコード。機能和声の一覧表。


理論書を読んでると、メジャーのダイアトニックコードの機能和声は明確に記されているんですが、マイナーダイアトニックコードの機能和声については、ハッキリ記載されているものが何故か少ない。

メジャーの機能和声。こちらは有名。マイナーだと理論書見ても曖昧でハッキリ記したものが少ない。SDをSDm(サブドミナントマイナー)に差し替えるだけの説明しか無いのが多い。

マイナーにも機能和声がありまして...

すべてマイナーの機能和声。

♭3つ付くナチュラルマイナーの機能和声は、トニックマイナー・サブドミナントマイナー・ドミナントマイナーって機能和声があります。


で、♭が2つの「ハーモニックマイナー」ですと...

メジャーの機能が混入。

注目はⅤとⅦがDm(ドミナント・マイナー)からD(ドミナント)に変わります。


♭ⅦがⅦに変わることでメジャーの機能和声が混ざってきます。

♭1つの「メロディックマイナー」は...

SDmもSDに。


さらにメジャーの機能和声が混ざって、明るめのマイナーに雰囲気が変わります。

って感じで♭が取れるにつれて、メジャーの機能和声が混ざってくる構図になります。


最終的には♭Ⅲの♭も取っちゃってメジャーのダイアトニックコード(同主調のメジャー)を混ぜた4つのラインでコードを組む事が出来ます。


サブドミナント系が多い。
いちごメタル
いちごメタル

つまりマイナーの機能和声をメジャーの機能和声に入れ替えれば、「すごく暗いマイナー」や「ちょっと明るめのマイナー」って感じでコード進行に明るさと暗さの濃淡をつけるアレンジが可能になります。


この機能和声を使った「一番おいしいアレンジ」の仕方と言えば...


メジャーの「ダイアトニックコード」のSDをSDmを差し替えるアレンジが有名。

サブドミナントのⅣM7をⅣm7のサブドミナントマイナーに差し替えると、ちょっと陰が掛かった「明るい曲」なんだけど切ない!!って雰囲気が演出出来ます。

ちょっと切ない。


いちごメタル
いちごメタル

このSDをSDmに差し替える技法は、簡単に「切なさ」を出せるアレンジなので覚えておくと便利です。

もちろん代理の<SD>もSDmに差し替えてもOK。

Ⅱm7をⅡm7(♭5)に差し替える。

マイナーの機能和声が増えると、暗い雰囲気が強くなります。

他にも、トニックをトニックマイナーに差し替えても、もちろんアリですが(自分がよいと思えば何でもアリなんすけどね)こちらは「ガラッと」雰囲気が変わっちゃうので、使い方は難しい。


あとは、ドミナントをドミナントマイナーに差し替えてみると「優しいドミナント」って雰囲気になります。

いちごメタル
いちごメタル

これで、単調な雰囲気のメジャーのダイアトニックコードもイジれるようになります。

お試しください。


機能和声の注意点。難しいところは?

私の乏しい知識で、マイナーの機能和声の事を書いてみましたが、実はマイナーの機能和声の理論って隙だらけって言うか、ツッコミどころ満載で、「なんでこうなるの?」って所をちゃんと説明した本って見た事ないっス。


難しいっス。てか、釈然としない。


例えば...♭ⅥM7。

SDmって事なんですが、TmのⅠm7と構成音は3音持ちで、ほぼ一緒。


なのでTmじゃん。

だけど「サブドミナントに聞こえるから「SDm」である。」とか二重機能で、両方OK!とか理論書に書いてあったりして結構曖昧っス。


♭Ⅶ7もSDmなんですが...


セブンスでトライトーン持ちなので、♭Ⅶ7からⅠに行くときだけDmになる!って二重機能を持っているって、書いてあったり。


いちごメタル
いちごメタル

マイナーの機能和声はかなり、グラグラな理論で混乱します。

あまり深く考えないで、マイナーの機能和声は「SDをSDmに入れ替えるとイイ感じになる」って所だけ押さえておけば、とりあえずOK。っ私は理解してます。



理論書読んでると、サブドミナントマイナーは必ず説明してあって分かりやすいんですが、TmやDmは全く触れないかTmもただのT。DmもD。って扱いされる本もあるっス。


わかりずらい。


私の頭じゃ上手く説明出来ないので、ご勘弁下さい。

まとめ

3つのマイナーのダイアトニックコードを混ぜて使えば、とても豊かなコード進行やアレンジが出来るようになるので、面倒くさがらず、メジャーのダイアトニックコード同様に押さえておきたい。


いちごメタル
いちごメタル

時間を掛けてゆっくり覚えるのが吉。

私は勉強嫌いなので、始めは運指トレーニングだと思ってマイナーのダイアトニックコードをウォーミングアップに使っていました。


ここから面白くなれば、シメたもので「ダイアトニックコード」の表を眺めながら、好きな曲のコード進行を探ってみたり分析てみたくなりますよ。


最終的には同主調のメジャーのダイアトニックコード混ぜ混ぜで使えます。


いちごメタル
いちごメタル

ここまで覚えれば、かなり自由にコードを組めるようになります。

感性や偶然を期待するよりも、この4つの「ダイアトニックコード」をイジり倒せば相当面白いコード進行が作れるはず。


なので、覚えて損なしっス。

にほんブログ村 音楽ブログ エレキギターへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村





コメント

タイトルとURLをコピーしました